βグルカンを選ぶ際の注意点がわかります

アメリカの研究者が開発したといわれているβ1.3グルカンは、研究が続けられ食物繊維の摂取を容易に行うことができる食品が誕生、これがβグルカンの歴史に繋がっているものです

β1.3グルカンはアメリカの医学大学の博士が酵母細胞壁から発見した糖質分子、3方向で水素結合になっている3重螺旋構造の鎖状物質に付けた名称です。

ただ、糖の分子は1対3だけでなく、酵母細胞壁からβグルカンへの分離抽出課程の中では1対6方向で水素結合をしているβ1.6グルカンも存在しているなどからも、日本の中ではβ1.3-β1.6グルカンと呼ばれることも多いようで、健康食品の記載にはβ1.3グルカンもしくはβ1.3-β1.6グルカン含有などの表記が行われていることも多いといいます。

ちなみに、市販されているアガリクスや霊芝、パン酵母などに含まれているβ1.3グルカンは、分岐6の分子の鎖を持たないなどからも注意が必要です。

βグルカンを製造販売している株式会社バイタルモアは、ネットショップのバイタルβフコイダンSHOPを通じてサプリメントの素材の特徴から購入もしくは選択時の注意点を公開しており、バイタルβフコイダンSHOPを利用することで正しいベータグルカンの選び方のポイントを把握することができます。

尚、株式会社バイタルモアが推奨するものは、黒酵母から産生されるもので、黒酵母から産生されるものは分子構造がβ1.3-1.6グルカンになっているようです。