がんの検査の必要性について知る

日本人の3人に一人ががんになる時代といわれている今、がんのことは他人ごとではないです。

女性しかならないのが、乳がんと子宮がんですが、子宮がんになっていく年令が低くなっていく傾向があります。

子宮がんには子宮体癌子宮頸がんがありますが、子宮頸がんは、ヒトパピローマウイルスに感染することが引き金になるといわれています。

感染したからといってすべての人ががんになるわけではないですが、これがもとで子宮頸がんになるリスクは上がります。

癌になっても初期のころは自覚症状がほとんどないために、見つかる方法としては検査以外ありません。

そのため定期的に検査をうけるとか不正出血があったというときは、すぐに産婦人科で検査をうけたほうがいいです。