電磁波での健康被害について知る

電磁波での健康被害についてですが、通常の電力施設から出される、東日本では50ヘルツ、西日本では60ヘルツの電磁波や、携帯電話などで出される電波では蓄積作用がないと言われています。この蓄積作用というのは、レントゲンで使用されている放射線などの電磁波のことです。

蓄積されるとご存じのとおり健康被害が出てきます。

放射線以外でどのような機会で健康被害がでるかといいますと、日常生活で過ごしているときの数百倍以上の電磁界を浴びた場合に、決定的な健康被害が出るという報告があります。しかし、世界保健機関(WHO)は、長期的影響について、通常で生活していれば弱い電磁波を長時間浴びていても健康被害はほとんどないと報告しています。