電磁波影響による社会問題

電磁波とは電界と磁界と合わせた物で、電界の周りに電圧がかかった物と磁界の周りに電気が流れているものが交互に伝わる事で発生します。送電線や電化製品から発生するものは比較的周波数の弱いものであるため便宜的に電磁界と呼ぶ場合があります。

電磁波の問題とは、1970年代にスウェーデンの研究により明らかになったのが送電線の周囲に住む人の身体に影響が現れてた事が確認された事が最初になります。電磁界と小児白血病は関連性がある事が報告され、日常的な電気の使用によっても健康に被害が出るのでは無いかという問題が生じました。長年の疫学研究者の報告によって電磁波の健康問題はメディアでも取り上げられ社会問題として一般に認知されるようになりました。